こんにちは。マスコットのビギナー君です。
さて、ついに・・・ついに・・・
2022年がやって来ました!
みなさんはご存じないかもしれませんが、なんと!
2022年は1922年から、ちょうど百年の節目ふしめの年なのです!
え? そんなの知っているって?
ハッハ。あなたは大事なことをご存じない。
それは! 1922年は1822からちょうど百年だった、ということだ!
どうだ! 参ったか!
って、どこに行くんですか? ちょっと置いていかないでくださいよ。
こっちだって寂しいんだから・・・。
あーあ。行っちゃった。また一人ぼっちだ。
でもね、時というものはよく考えてみるととても不思議なものですよね。
だってみんな〈現在〉を生きるしかないのですから。
僕はときどき同時にいろんな時を生きているような感覚を覚えます。
そしていろんな人間になっているのです。
そういうことってありませんか?
あなたには?

さて、私の大好きな一月がやって来ました。新年です。新年ですぞ! 皆様! え? そんなのはもう知っているって? まあそうかもしれませんな。だってメディアがそう騒いでいますからね・・・。でもね、実を言うと、世界は生まれ変わっているのです。本当のところ。ねえ、知らなかったでしょう。私も実は二十歳はたちくらいまでは知りませんでした。そのことを。でも二十歳と一日を迎えたその朝に、、と悟ったのです。今日の俺は昨日の俺とは違っているぞ、とね。あの頃はまだ戦争が始まる前で、私はその数年後に徴兵されることになるのですが、そのときですら私は世界に対して希望を抱き続けていました。なぜなら新しいものが生まれてくるからです。もちろん見る目がなければ駄目です。見る目がなければ、世界はずっと同じままでしょう。そして退屈なまま人は死んでいきます。そういった例をたくさん見てきたのです。私は。ええと、それでですね・・・。大事なのは・・・そう、お餅です! 気持ちじゃなくてお餅です! お餅をたくさん食べて、エネルギーを溜め込んで、新しい世界を生きるのです! そこにこそ魂の自由というものが生まれてきます。ほらほら・・・。また日が昇って来ますよ。冗談抜きでこれは新しい世界の始まりなのです! 宇宙は我々と共にあります。そういう気持ち----さえ持っていれば、です。では。失礼。

新しい動画

新しい本

新しい投稿

  • もし哀しみが
    もし哀しみが背中に貼り付いて取れなくなってしまったなら もし哀しみがあなたの背中にぴったりと貼り付いて まったくもって取れなくなってしまったなら あなたはとことん哀しんで 夜が明けるまで哀しんで あらゆる世界の屋根が涙で…
  • 2022年、新しい年
     さて、新しい年がやって来ました。2022年(2が多いですね、はい・・・)。いずれにせよ我々はこのようにして一年一年歳を重ねていきます。それはもう、避けられないことです。若返りたいならベンジャミン・バトンになるしかない(…
  • 二・二六サンタ
    「ああ寒い!」とサンタクロースは言った。「一体なんでよりによってこんな日に、こんな場所で座礁(ざしょう)してしまうんだろうな・・・。きっと地球温暖化のせいだろう。そのせいで時の氷河が溶け出して、わけの分からないところにニ…
  • この間の日曜日に、謎の訪問者(不動産関連の営業らしき人)が来て、しつこく居座って、結局警察を呼んで帰ってもらった件について
     つい二日前の日曜日(2021年11月28日)に、ある不思議な体験をしました。まあ「不思議」というよりは「不快」に近いのですが、とにかく、謎のセールスマンらしき人物が我が部屋に乗り込んできたのです。  事(こと)の始まり…
  • 愛の戦場
    さて、僕はこうしてここに座って 夜十一時に机の前に座って 詩を書こうとしている 誰も読まない詩を さて、時はこうして流れ去って ぐるぐると、あるいはするすると、流れ去って 夢を押し流そうとしている 海の彼方に向けて 海 …
  • 意味のない話(だるまさんがコロンボ編)
    「だるまさんが・・・コロンボ! だるまさんが・・・コロンボ!」 「もう! 村山君! ちゃんとやってよ! これじゃあ全然先に進まないじゃない!」 「ごめんミキちゃん。ユミちゃん。トミカズ君。悪気は全然なかったんだ。だけど舌…