こんにちは。マスコットのビギナー君です。
さて、ついに三月がやって来ました!
三月のメインイベントといえば・・・
そう、春分の日です!
ああ待ち遠しいな・・・春分の日・・・
え? 別に待ち遠しくないって?
何をそんな。春分の日といえば昼と夜の長さがちょうど同じになる日なのですよ。
めでたいったらありゃしない。
光と闇の中間に、何かが現れるのです。
何か・・・。そう。何か・・・。
何だろうな・・・。アボカドの神とかかな・・・。
それでは。失礼。

三月になり、そろそろ本格的な春が近づいてきました。私にとっての三月とは、土の中で虫たちがうごめき始め、そして鳥たちが新たな歌を歌い始める、素敵な月です。かつて愛した女性も三月が大好きでした。しかし四月になると豹変します。あれはおっかなかったな・・・。棒で叩かれたり・・・。あるいは突然タックルを受けたり・・・。かなり戦闘的な女性でした。もう半世紀以上前の話ですが(彼女はいまだに戦闘的だそうです。孫が写真を送ってくれました。ヨガ仲間の女性たちとサバイバルの訓練をしているそうです。おそろしや・・・)

新しい動画

新しい本

新しい投稿

  • 心配屋さん
    「いかがですかぁぁ・・・心配の種いかがですかぁぁ・・・。新鮮な心配の種ですよぉぉ・・・。メキシコから直輸入ぅぅ・・・。無農薬で味も抜群。いかがですかぁぁ・・・」  その不思議な売り子の声を聞いたのはある街を散歩していると…
  • さて二月
     さて、二月も中旬になりましたが皆様はいかがお過ごしでしょうか? 僕は相変わらず似たような日々を送っています。アルバイトをして、走って(週に四日ほどに減らしていますが)、筋トレをして、料理を作って、それを食べて、あとは小…
  • タイムレス
    「当時俺は深刻なテレビゲーム中毒に陥っていた」と彼は言った。  それはどんよりと曇った六月の末のことで、僕らは二人とも二十六歳だった。彼は仕事をしておらず、僕は今勤めている会社をあと二週間で退職しようとしていた。もっとも…
  • 呼吸
    僕はここにいて、呼吸をしている 君はここにいて、呼吸を止めている 電車が通り過ぎて 音を立てて通り過ぎて 窓の外を通り過ぎて いった 夢が いつものあの夢が覚めて 僕は現実に帰還する 君はもうそこにはいない 部屋の空気は…
  • マスクマン
     僕は最近いつもマスクを着けている。世間がこんな風なコロナウィルスの騒ぎなのだから、まあ仕方ないといえば仕方ない。接客業だし、お客さんにうつしたり、あるいはうつされたりしても困る。それはそれとして、実は僕の顔もマスクであ…
  • 新しい年
    新しい年がやって来て 僕は新しい自分になろうと思う 新しい星がやって来て 君は新しい夜になろうと言う 素晴らしい未来が待っていると 誰かが言った でも 僕は知っている 毎年似たようなことを考えては 結局は同じ結果になるの…