こんにちは。マスコットのビギナー君です。
さて、五月になりました!
五月といえば・・・そう、こいのぼりです!
恋のぼりです!
僕の恋愛感情も、どんどん空にのぼって、やがてはトイレットペーパーの切れ端のようになります!
え? 誰に恋をしているのかって?
そればっかりは教えられないな・・・。
ヒント?
そうだな・・・モフモフしていて
かと思うとヒヤリと冷たくて・・・
実は温かいのだけれど
顔が「W」だという・・・
200年以上も生きていて・・・
博識で・・・
まあこれ以上は教えられないな。
君たちは広島カープでも応援していればいいのさ。
五月だけにね(カープが鯉のぼりの季節に調子が良くなるのは、もはや常識である)。

さて、ついに五月がやって来ました。連休の五月です。私の勤務している大学では、学生が五月病にならないように、すべてのカレンダーから五月を取り除いてしまいました。だから今月は空白の月、ということになります。教授たちはスケジュールを忘れ、学生たちはここぞとばかりに講義をサボります。だって知らなかったんだもんね、ということです。いやはや。誰が授業料を払っているのだか・・・。もっとも私の講義の出席率は100%です。誰一人休まないのです。なぜなら哲学的な真実を伝えているからなのですな。まあ元々一人しか登録していない、ということもあるのですが。顔に「ビ」という文字の刻まれたイカれた若者です。しかしなかなか才能はある。いずれノーベル平和賞を取るかもしれないな・・・。あの純粋さで・・・。それでは。

新しい動画

新しい本

新しい投稿

  • ウィリアム・ブレイクを読んで
    私は今日ここで ウィリアム・ブレイクの詩を読んでいたのですが いささか 悲しい気分になりまして こうして あなたに手紙を書いているというわけなのです はい ウィリアム・ブレイクの詩は もちろんそのイラストもですが 素晴ら…
  • システム交換、及び意識の再編成。そしてバッファローソルジャー・・・
    さて、ようやくですよ。やっと文章に戻ることができる。ああ、この二週間どれだけこの時を待ち詫(わ)びていたことか・・・。 と、いうことで、システム交換です。僕は改宗しました。ついに、WindowsからMacに改宗したのです…
  • スーパーボウルの哀しみ
     さて、二月も下旬に入り――もう二十日ですね。早い・・・――寒さも徐々に徐々に和(やわ)らいできているような感覚があります。もちろんもっと北の地域の方々は、まだまだ寒い冬を耐え忍ばねばならないのでしょうが・・・少なくとも…
  • 生きている者だけのための資格
    生きている者の間だけで譲渡される資格があって 生きている者の間だけで譲渡される時間があって 生きている者の間だけで譲渡される穴があって 生があって 死があって そしてあなたがいる 死んだ者だけが理解できる言葉があって 死…
  • もし哀しみが
    もし哀しみが背中に貼り付いて取れなくなってしまったなら もし哀しみがあなたの背中にぴったりと貼り付いて まったくもって取れなくなってしまったなら あなたはとことん哀しんで 夜が明けるまで哀しんで あらゆる世界の屋根が涙で…
  • 2022年、新しい年
     さて、新しい年がやって来ました。2022年(2が多いですね、はい・・・)。いずれにせよ我々はこのようにして一年一年歳を重ねていきます。それはもう、避けられないことです。若返りたいならベンジャミン・バトンになるしかない(…