お知らせ

さて、ここで突然のお知らせです。最近僕が何をやっていたか、というと(アルバイトは当然のことですが)、2019年11月24日、日曜日に東京流通センター第一展示場で開かれる文学フリマの準備をしていたのです(正式には「第二十九...

近況など(その2)

2019年10月18日、金曜日。 さて、突然の近況報告です。何があったか? ええとまあ、基本的にはめでたいことです。文学賞を取ったのではなく、スーパーオーガニズムのオロノさんの番組に(ラジオです)、僕のコメントが取り上げ...

すべては良くなる

非常に無責任なタイトルの文章ですが、とりあえずそういう曲を作ったということです。正直なところ本来小説の書き直しをしなければならない時期であるにもかかわらず、「おい、小説やれよ」とか自分に言い聞かせると、強情を張って(誰が...

小松菜通信 2

「小松菜通信 1」の続き さて、ご無(ぶ)沙汰(さた)しておりました、小松菜たべる(27歳・男)です。毎月恒例の小松菜通信の時間です。 今日僕は東京都郊外の、ある一軒家に来ております。周囲には無個性な住宅が広がり、街路樹...

ナイフ

 このナイフは私の命を狙っている。私はそれを知っている。そして彼らも――当然のことながら――それを知っている。  私はもう思い出せないくらい前からこの台に縛り付けられている。この忌々(いまいま)しい台に。両手両足は一ミリ...

真実

ええと、iTunesの中の自作曲のリストを見ていたら、こんなものがありました。自分でもすっかり忘れていた。一応アカペラで作った曲です。 村山亮 ”Truth” たぶん完成度的に出そうかどうか迷った...

静寂

死に絶えた街の響き 息絶えた虫の鳴き声 時は消えた 僕はそれを知っている 夢を粉々に割って できた破片で 僕は空を作ろう そこには雲が浮かんで 我々の日々を無気力に照らすだろう 僕の歌は君の耳に届かない けれど、少なくと...