呼吸

僕はここにいて、呼吸をしている

君はここにいて、呼吸を止めている

電車が通り過ぎて

音を立てて通り過ぎて

窓の外を通り過ぎて

いった

夢が

いつものあの夢が覚めて

僕は現実に帰還する

君はもうそこにはいない

部屋の空気は淀んでいて

すごく淀んでいて

息もできない

空は晴れているのに

窓を開けることができない

密室

舞う

ほこり

砂嵐がやって来て

僕のアパートを包み込む

あらゆる隙間にそれは入り込み

自由を奪う

僕の耳の奥に

ずっと奥の方に

何かが潜んでいる

それは飛び出ようとして

何度も動くのだけれど

結局飛び出すことはできない

音が消えた

ほら

また

音が

無音の中で

僕は何かを聞いた気がする

それは君の声

声にならない声

ずっと押し殺されていた声

自由になるために

僕は生きたいと思う

というか

いつもそう思っている

それなのに

全然自由になることができない

明日には

本当の

風が吹くはずさ、

と誰かが言った

その誰かも今はもういない

時が

そう、時が

このように存在して

僕はこの空間を占めていて

あなたは移動し続けている

僕は毎日それを追いかける

執拗に

執拗に

足を動かして

足を動かして

花の香り

血の匂い

鉄が

錆びていく香り

雨の気配はない

雲すらない

旗が

風に揺れて

パタパタと

音を立てている

いつものように

春は

二度と同じ春ではない

地球は回ってはいないのだ

本当のところ

明日

明日

そう、明日

夢が覚めて・・・

あなたは目覚めるだろう

孤独な世界で

村山亮
1991年宮城県生まれ。好きな都市はボストン。好きな惑星は海王星。好きな海はインド洋です。嫌いなイノシシはイボイノシシで、好きなクジラはシロナガスクジラです。好きな版画家は棟方志功です。どうかよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です