十一月がやって来てしまった

今日は

とても良い天気

十一月の

最初の一日に相応ふさわしい

でも

僕の心は

なぜか空虚だ

それはおそらく

十月が死んでしまったことと関係があるのだろう

十一月

十一月

十一月がやって来てしまった

十一月

十一月

十一月がやって来てしまった

毎年この時期になると

僕は死のことを考える

なぜなら十一月は

最も死に近い月だからだ

十一月

十一月

十一月がやって来てしまった

十二月はまだ来ない

四月は最も残酷な月

とT.S.エリオットは書いた

十一月は――少なくとも日本の十一月は――最も死に近い

死者たちが踊り

夢が割れる

かつて僕は

東北の田舎町にある

墓地の駐車場で

狭い車の中

本を読んでいた

、と思いながら

カラスが飛んで

ゴミをあさ

どこからか

お経が聞こえてくる・・・

十一月がやって来てしまった

十一月がやって来てしまった

希望の光はどこにも見えない

絶望の闇はすでに死んだ

我々はその狭間はざま

生き続けなければならない

風が吹いて

老木の枝を揺らす

乾いた空気が

あなたの鼻腔びこうを刺す

十一月がやって来てしまった

十一月がやって来てしまった

誰もあなたに会いにはこない

誰もあなたを気にかけたりはしない

愛が死に

影が生き残った

時が死に

夢が生き残った

十一月がやって来てしまった・・・

ついに

あの十一月がやって来てしまった

村山亮
1991年宮城県生まれ。好きな都市はボストン。好きな惑星は海王星。好きな海はインド洋です。嫌いなイノシシはイボイノシシで、好きなクジラはシロナガスクジラです。好きな版画家は棟方志功です。どうかよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です