新しい一日

もし君がその気になれば

今日という日を新しい一日にすることができる

もちろん

嘘じゃない

もし君がその気にならなければ

今日という日は昨日と同じままだ

そして明日も明後日あさっても、その先も、ずっと同じままだろう

もちろん

嘘じゃない

たとえば今日君が僕にある秘密を打ち明けたとする

これまで誰にも言ったことのない秘密だ

それは僕らの間の重しとなり

二人のことをずっと底の方で結び付けるだろう

しかし僕の方には君に打ち明ける秘密なんかない

なにしろいつだってなにもかも公開しちゃってるからね

でもそうだな

たしかに探せば何かあるかもしれない

君の秘密に匹敵するような何かが・・・

でもほら、そんなことを考えているうちに

どんどん時間は過ぎていく

君は今日という日を新しい一日にするつもりだったはずだ

だとしたらこんなところでぼおっと突っ立っているだけじゃ駄目だ

君は君のことをやらなければ

え? 何をやったらいいのか分からないって?

困ったな

君はさっき秘密を打ち明けたんじゃないか

あんなとてつもない秘密を

そんな君が、今日何をやったらいいのか分からないって?

仕方ないな

じゃあ僕の秘密を打ち明けよう

ついさっきしゃべっている間に思いついたんだ

あるいはそれが

次にやるべきことのヒントになるかもしれない

ということでだ

もうちょっとこっちに来てくれるかな?

そう、そう、もうちょっと・・・

さあ、これが僕の秘密だ

これ以外に秘密なんてものはない

わざわざ開示請求なんかしなくても

自分からぺちゃくちゃしゃべっちゃうからね

でもこれだけは口にはできない

というか口にしても意味がないんだ

さあ、分かったかい?

今日を新しい一日にするために自分が何をすべきなのか

だとしたら顔を上げて、あっちを向くんだ

そう、あっち

ちょうど背中の方向だ

そうそう

君がそっちを向いている間に

僕はおいとますることにしよう

なにしろこれ以上ここにいたところで

邪魔になるだけだからな

それに

自慢じゃないけど

僕にだってやることがあるんだ

今日という日を新しい一日にするためにね

でもね

くれぐれも忘れるんじゃないよ

僕と君とはずっと深いところでつながっているんだと

目に見えないくらい深いところで・・・

さようなら

もう行きなよ

振り返っちゃ駄目だぜ

なにしろこっちにはもう何もないんだからさ

2018年11月20日、火曜日。自宅にて

村山亮
1991年宮城県生まれ。好きな都市はボストン。好きな惑星は海王星。好きな海はインド洋です。嫌いなイノシシはイボイノシシで、好きなクジラはシロナガスクジラです。好きな版画家は棟方志功です。どうかよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です