Home » »
コメントはまだありません
Pocket

海を渡る風

風を渡る海

 

空を飛ぶ鳥

鳥を飛ぶ空

 

降り注ぐ日光

その裏にできる影

 

 

僕は街を歩き

街は僕を歩き

 

雑踏に耳を澄ます

雑踏が僕に耳を澄ます

 

木を撫で

木が僕を撫で

 

木陰に腰を下ろす

木陰が僕に腰を下ろす

 

そして

 

明日とあさってのことを

考える

昨日と一昨日のことを

考える

 

来年と再来年のことを

考える

去年とおととしのことを

考える

 

 

善と

 

光と

 

生と

 

試しに「今」のことを考えると

影はいなくなってしまう

 

 

 

楽器を弾くことができたらな

僕は思う

 

あるいは

上手く歌を歌うことができたらな

 

 

そうすれば

何も考えなくてすむのに

 

 

LEAVE A COMMENT