闇の奥にあるもの

2019年1月21日、月曜日。

毎日寒いですが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

僕はといえば最近小説を書かず(ごく短いものだけをこの間書きましたが)、こんなことをやっていました。一体何をやっているのだか・・・。

以下、歌詞を載せます。

“Heart Of Darkness”

闇の奥にあるもの

死んだ街の残骸

夢の奥に見たもの

君は何を見つけた?

血を流す兵士が見える

彼は何を思うのだろう

君の奥にあるもの

闇を包むかたまり

僕がかつて捨てたもの

燃えて灰になってる

君の髪に触れるとき

僕の指は震える

時はすでに流れ去り

なにもかもが砂の中

君の名を呼ぶたびに死が

僕の右手を握り締める

この意味のない世界で今

一人戦う黒い傭兵

闇の奥で見たもの

夢の国の死人たち

街の隅に潜む者

傷だらけの奴隷たち

血に飢えたカラスが一羽

僕に何かを叫んでる

君と僕にないもの

すべての人にあるもの

森の奥にあるもの

小川の底にあるもの

風が強く吹きつける

死にかけた木が揺れてる

君と数えた花の数

今でも変わることはない

君のいない世界で僕は

一人意味のない歌を作る

神のいない世界で一人

光と戦う黒い傭兵

夜の海に浮かぶもの

君と僕の抜けがら

風と共に消えるもの

なにもかもが幻

ちなみにこれがmp3バージョンです。

村山亮 “Heart Of Darkness”

村山亮
1991年宮城県生まれ。好きな都市はボストン。好きな惑星は海王星。好きな海はインド洋です。嫌いなイノシシはイボイノシシで、好きなクジラはシロナガスクジラです。好きな版画家は棟方志功です。どうかよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です