無常の花

2019年2月4日、月曜日(もう二月とは!ってさっき書いたか・・・)。

今日はスーパーボウルだというのにこういうこともやっていました(我々アメリカ人にとって最大の祭日ともいうべきこの日に!)。

とりあえず歌詞を載せます。ちなみにバックで「ポンポン」と言っているのは知り合いのポンポン族の人々です。というのは嘘で僕自身の声です。はい。すいません。

村山亮 ”無常の花”

(以下、歌詞を載せます)

海の上の白い雲  空の上の黒い宇宙

海面に咲く無常の花  僕はいつも知らんぷり

闇の奥の黒い嘘  魂の奥の死んだ場所

血の海に浮かぶ無常の花  僕はいつも知らんぷり

無常の花… 無常の花… 無常の花… 地上の花…

心の揺れに騙されて  あの子に想い打ち明ける

命がけで摘んだ無常の花  でも君はいつも知らんぷり

死の風が 死の風が 死の風が

死の風が 死の風が 死の風が

最近 僕は タバコを吸う 振りをする

最近 僕は 生きている 振りをする

(コーラス:君が僕にくれた 夢の国のかけら)

無常の花… 無常の花… 無常の花… 無常の花…

(時が経つにつれて 僕の心をむしばんでゆく)

岩に貼り着く緑のこけ  雨が降って闇をすすぐ

彼らが忘れた無常の花  僕はいつも知らんぷり

君が手を伸ばす青い空  獣が道を塞いでる

その先に咲く無常の花  でも僕はいつも知らんぷり

無常の花… 無常の花… 無常の花… 頭上の花…

空に浮かぶ赤い太陽  意味のない僕らの日々を照らす

影ができない無常の花  でもみんないつも知らんぷり

死の影が 死の影が 死の影が

死の影が 死の影が 死の影が

最近 僕は 眠っている 振りをする

最近 僕は 死んでいる 振りをする

(コーラス:君が海に捨てた 闇の奥のかけら)

無常の花… 無常の花… 無常の花… 地上の花…

(僕が拾い上げて 空高く打ち上げる)

水際に浮かぶ青い魚  酸素を求めあえいでる

目のはしに咲く無常の花 いつもすべてお見通し

神にささぐ魂の歌  空を舞って闇に消える

生まれてすぐ死ぬ無常の花  僕はいつも知らんぷり

無常の花… 無常の花… 無常の花… 無常の花…

ツタがとても綺麗に巻き付いています。はい、曲とは何の関係もありません。
村山亮
1991年宮城県生まれ。好きな都市はボストン。好きな惑星は海王星。好きな海はインド洋です。嫌いなイノシシはイボイノシシで、好きなクジラはシロナガスクジラです。好きな版画家は棟方志功です。どうかよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です