マグカップの虐殺

『マグカップの虐殺』   粉々になったマグカップ 白い スヌーピーの絵が印刷されたマグカップ 一年かそこら 勤めを果たし 今日 午後2時30分 持ち主の手によって 破壊された   もちろん意図したわけ...

海が   僕の前に 広がっていて   どこまでも 海が 広がっていて   僕は   海の 上に立っていて   風が 吹いて   カモメが   白い &...

海を渡る風 風を渡る海   空を飛ぶ鳥 鳥を飛ぶ空   降り注ぐ日光 その裏にできる影     僕は街を歩き 街は僕を歩き   雑踏に耳を澄ます 雑踏が僕に耳を澄ます &...

今日は朝から雨だ そんなに 強い 雨じゃない でも雨は雨だ 雨の音は 聞いていると なぜか 落ち着く それは 高度何フィートだかから 落ちてきて 今 僕の部屋の窓枠(まどわく)に落ちた それは長い旅なのか それとも 瞬(...

二本の平行線の間で

二本の平行線の間に僕はいる 上の線が風で下の線が水だ 僕はその二つの流れのちょうど真ん中にいて ただ移動している 二本の平行線はどこまでいっても交わらないらしい 上の線が風で下の線が水だ 僕はその二本の透明な直線の間にい...