Category :

Home » Archive by category : 詩

「口内炎に寄せる哀歌あいか」   ああ口内炎、口内炎 三つもできた口内炎 右と、左と、舌の上 白く固まり、そこに居座る   彼らは 戦時中の日独伊三カ国のように ごく実利的に結びついている その目的は ..

Read more

『日付変更線と10月31日との会話』   やあ、久しぶりだね ちょうど一年ぶりくらいかな 君に会えてうれしいよ なにしろ君とは話が合うからな 俺としてはもっとしょっちゅう会いたいんだけどね どうもこればっかりは ..

Read more

『マグカップの虐殺』   粉々になったマグカップ 白い スヌーピーの絵が印刷されたマグカップ 一年かそこら 勤めを果たし 今日 午後2時30分 持ち主の手によって 破壊された   もちろん意図したわけ ..

Read more

海が   僕の前に 広がっていて   どこまでも 海が 広がっていて   僕は   海の 上に立っていて   風が 吹いて   カモメが   白い & ..

Read more

海を渡る風 風を渡る海   空を飛ぶ鳥 鳥を飛ぶ空   降り注ぐ日光 その裏にできる影     僕は街を歩き 街は僕を歩き   雑踏に耳を澄ます 雑踏が僕に耳を澄ます & ..

Read more

今日は朝から雨だ   そんなに 強い 雨じゃない   でも雨は雨だ     雨の音は 聞いていると なぜか 落ち着く   それは 高度何フィートだかから 落ちて来て &n ..

Read more