Category : 短編小説

Home » Archive by category : 短編小説 (paged 2)

僕の隣では怠なまけ者が酒を飲んでいた。怠なまけ者は一日中怠けていて、両親の仕送りで生活をしていた。シャツの襟えりはだらしなくよじれていて、第一ボタンが第二ボタンの穴に入れられていた。彼はなぜかハイボールしか飲まなかった。 ..

Read more

「俺はFIFIワイルドカップに出場する」と彼は言った。僕らはそのとき大学の四年生で、もうすぐ社会に出ようとしていた。 「なんだそれ?」と僕は言った。「FIFAワールドカップならまだしも」 「FIFAは残念ながら金に溺れて ..

Read more

その日職場では無許可で診療を行っている医師のことが話題になった。彼らは司直の目を逃れ、人々に非科学的な治療を行っているということだった。もちろん保険は効かない。人々は全額自己負担でその治療を受ける。   「彼ら ..

Read more

頭が締め付けられるように痛い。ここ最近痛みが激しくなっているような気がする。私はその場で目をつぶり、ただじっとして頭痛が去っていくのを待った。頭の奥の方で変な音が繰り返し鳴っている。それは女の叫び声のようにも聞こえるが、 ..

Read more

朝起きると西暦2999年になっていた。   間違いではない。突然のそのニュースは多くの人を戸惑わせたようだったが(なにしろ昨日は西暦2016年の12月20日だったのだ)、それは政府の公式見解として発表されものだ ..

Read more

それは気持ちの良い九月の土曜日だった。午後二時で、僕は昼食を食べた後腹ごなしに近くの公園に散歩に来ていた。僕はいつも座る指定席のベンチに腰掛け、ポケットから文庫本を取り出して読み始めた。何分か経ったあと、ふと顔を上げると ..

Read more

彼は自転車に乗って、一晩中都心に向けて走り続けていた。走り続けていればあれから逃れられるのではないかと思ったからだ。なぜ都心なのかは分からない。目的地なんてどこでもよかったような気もする。しかし走り続ける以上どこかに向か ..

Read more

彼女はもう長年魔女をやっていて、そのとき大きな鍋の中身を木べらでかき回しているところだった。その中身が何なのかは分からなかったが、辺りにはなかなか良い匂いが漂っていた。   「蝦蟇がまの胆嚢たんのうとか、トカゲ ..

Read more

そのことに気付いたのは夜のことだった。布団に入ってさあ眠ろうと思った瞬間に、それはどこからともなくやって来た。始め僕はそれを上手く飲み込むことができなかった。あまりにも突拍子もない考えのように思えたからだ。でも時間が経つ ..

Read more